サークル装甲版

装甲版のブログ。同人活動やってます。面白そうだったら、何でも作るよ!!活動内容、連絡先等は左側の柱にまとめています。特技はペーパークラフト設計(NoCAD)。最近はバイク弄りはじめた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生存報告

生存報告と言っても、主にバイクの……ですが。

あ、遂に先日年間1万キロ達成しました!
流石に月1000キロは無理だったよ‥‥(´・ω・`)
買った当初は2ヶ月で3000キロ行った時は、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って思ってたんですがね……


もとが1.7万キロ走行の中古車ですので、多分どこもオーバーホールはしていないだろうと思っていたので、納車から1年経過することですし、これを機に色々な部分をメンテして行こうと思っていました。

流石にエンジンやキャブレターを自分で弄るのは、技術的に無理なので、マフラーのメンテを行いました。

もともとGWに長距離ツーリングに行く予定でしたので、その前に一度メンテしておきたいと思っていましたが、
先日キャンプに出かけてみると、朝起きたらこんな状態に……

マフラー

なんでも、この部分のボルトは脱落しやすいらしいですね……
インチネジなので、出先で探すのも面倒でしたので、帰宅後即OHすることにしました。

ホムセンで交換用ボルトを買ってきて、さあ分解しようと思ったら、何か妙にボルトが固い……
元々歪んでいた可能性があるので、慎重に外そうと思っていたのですが……

(ボキッ)

マフラー

oh.../(^o^)\

そしてなんだこのインナーコアのサビつき具合……
折れたボルトはバイク屋に持って行って外してもらいました。

そして更に問題が……
マフラー マフラー マフラー

/(^o^)\ナンテコッタイ ステーに亀裂が……

まあこれは後でどうにかしよう。アルミの溶接とか面倒そうだし、折れたら折れたで適当なパイプバンド使って留めればいいかなーって
年末に購入したマフラーに換装出来るように、はやいとこバッテリーの移設先を考えなければ……


ということで、これはもう今直せる問題じゃないので、先送りにして!
さっさと他の作業をやろうと思います!

エキパイとバッフルは、パイプ洗浄剤に一晩つけて、カーボンを除去します。
マフラー


マフラー
だばぁー

醤油かコーヒーみたいだろ?これ、全部排ガスのカーボンなんだぜ……?


マフラー
バッフルは凹凸があるので、漬け込んだ後に歯ブラシで磨いて、カーボンを除去します。


続いて、インナーコアを補修しようと思いますが、やっぱりインナーコアがサビて、内側で固着してました……
どうやって外すかなーっておもったら、ネットにボルトを仮止めしてクランプで掴んで引っ張れば抜けるという上方が。

ということで試したのがこの方法。
マフラー

ラジオペンチでボルトの首を掴んで、テコの容量で引っ張り出します。
角にキズがつくので、なにかで保護するか、覚悟を決めるかどちらかを選んでください。

インナーコアを外してみると……
マフラー
グラスウールが真っ黒……そしてカサカサに偏ってる……

とりあえず、クレ 5-56と真鍮ブラシで、おおまかにサビを除去して、グラスウールは交換します。
今回ご用意したのはこちら!(←たかた社長の口調で)
マフラー

キジマ製 『サイレンサー用グラスウール 195x605x5Tと針金のセット』
通常のグラスウールと違い、片面が布状に織り込まれているので、飛び散りにくいというのがポイントです。

そして、グラスウールがインナーコアに接触した状態ですと、熱で溶ける心配があるので、ステンレスタワシを先に巻きつけて隙間を空けます。
また、ステンレスタワシだと隙間が大きいため、排気を取り込みやすくなって、空気の撹拌性能が上がる、つまり消音効果が多少期待できるそうです。
(グラスウールを2枚買うより、こちらの方が多少安上がりですし、一度試してみます。)

そして、今ならこのステンレスウール、今ならもう一個お付けして、30gを2個の、なんと60gも搭載されるんですねー!
これでなんと、2000円を切る価格で購入可能です!

キジマ(Kijima) グラスウール 195*695mm*5t 209-988キジマ(Kijima) グラスウール 195*695mm*5t 209-988
(2012/12/06)
キジマ(Kijima)

商品詳細を見る

ステンレスタワシ カールケート 30gステンレスタワシ カールケート 30g
()
全国家庭用品卸商業協同組合

商品詳細を見る

勿論、送料はAmazonが負担します!(爆)

ということで、ちゃっちゃと交代しまして、
エキパイとマフラー外側の磨きを行います。
いつもどおり、クレ5-56をつけて、600番と1000番の耐水ペーパーで慣らした後、ピカールで磨き上げます。


マフラー左腕に装着して磨いてると、何かサイコガンみたいで楽しいwwww


で、組み付けたわけですが、ただ装着するのももったいないので、ついでに排気音の動画を撮影しました。




ワロタwwwwwほんとにこんな音するのねwwwwwwww
さーて、あとは洗車と増し締めすれば終わりだ!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。