サークル装甲版

装甲版のブログ。同人活動やってます。面白そうだったら、何でも作るよ!!活動内容、連絡先等は左側の柱にまとめています。特技はペーパークラフト設計(NoCAD)。最近はバイク弄りはじめた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【飯テロ】銚子ツーリング行って来ました。【閲覧注意】

土曜日に行って来ました。
またもや弾丸ツーリング。
そろそろキャノンボーラーとか、ガンナーとかのクラスを体得しそうなせいさくです。

眠いけど閲覧した皆さんの胃袋から絶望の鐘を鳴らしたいがためにこの時間に更新します。
飯テロとかわざとやし。

銚子

当日のラインナップ。

手前からHONDA FTR223、HONDA VTR250、SUZUKI グラストラッカー、HONDA XR250Rという面子。
VTRとグラストラッカーはワシがばくおん!!のステマをしたお陰でライダーになった奴です。

グラストラッカーは新車だったので、500キロの慣らし運転が終わった記念というのも、今回のツーリングの動機。
オイル交換したけど、新車ってあんなに黒くなるんですね。


週中頃までは台風の影響で雨でしたが、運良く当日は晴れました。
台風一過というのか、午前中は雲ひとつ無い快晴。
ただし、放射冷却で朝方の気温は低かったです。多分7:30の出発時点で10度位か。

ルートは千葉北西端から茨城に入り、霞ヶ浦北側を抜けて、銚子大橋を渡り、帰りは千葉の利根川沿いを走るというルート。
往路は言い出しっぺのワシが先導をして、復路は銚子に何度か行ったことのあるXR乗りが先導して帰る感じでした。

ちなみに走行距離は、こんどこそ300キロ。運転時間は大体10時間ほどか。
出発時刻が前述の通り7:30で、解散時点で20:30でした。


1時間毎にコンビニ寄ったり、給油したりで休憩をはさみながら、なんとか午前中に到着。(銚子到着時点で正午2分前)
土曜で快晴のせいか、観光客というか、ツーリングライダーが多かったですね。


で、昼飯。
銚子
銚子で魚食いたかったら、取り敢えずここ行っとけっていう、以前訪れた時に紹介された『鈴女』という店で昼食を取りました。
店の前にHDが2台停まっていて、我々が入ってからも3台ほどバイクが来たらしいです。

ワシは前日に仕込んだずん子ちゃんカードを、ナンバープレートに被せてから入店。
ステマじゃないよ、復興支援だよ!
銚子


店には20分待ちくらいで入れました。
こちらのランチ定食1500円均一で、金額だけ聞くと、「若干いい値段やなー。まあ、観光地やしなぁ~」と思いますが、漁港の本気を舐めてはいけない。
4人それぞれ別のメニューを頼んだのですが、それぞれ1500円でこれくらい来ました。

銚子 銚子
銚子 銚子

ワシは右下の写真です。
アジのなめろうとカツオのスタミナ揚げ定食。味噌汁は全員あら汁。

おかずに対して、圧倒的に御飯の量が少ない。
あくまで相対的な話で。絶対的には定食としては普通の量。おっとろしいでぇホンマ。


男性で少食でなければ、食べられる量だと思います。(ただし、そのあとの胃袋の情強は保証しない)
女性の場合、2人で1つで十分足ります。というか、おかずだけでも相当ボリュームありますので……

全員で定食を頼んだので、流石にサイドメニューは頼めませんでした。
カキフライとか、お頭の煮付けとか、マグロカツとか、気になるメニューが沢山あったのですが……


油断すると満腹感が襲ってくるので、無駄話せず、黙々と食すライダー4人。
それでもお互いのおかずトレードとかはしっかりする。

食後は、腹筋の上半分が倍くらいに盛り上がっていて、腹ン中がパンパンだぜ……
このまま帰路に着くと、確実に眠気か胃袋シェイクで気分が悪くなって事故るので、第三漁港隣にある、ウォッセ21というおみやげ屋で魚とか干物とかを購入。

ここでみんなの積載能力が試されるッ!!


生魚担当になったワシは、スチロール箱を担ぐ事になった。
折角看板ができたので、帰りはずん子ちゃんプレートを括りつけて走りました。
銚子
がんばっぺ東北!

適当につないでるようだけど、意外としっかり留まってるんだぜ。

帰りはまた銚子大橋を渡って、一旦茨城県を走りましたが、途中で再び千葉に入り、利根川沿いを走りました。
午後は以前晴れでしたが、若干雲が出てきた感じです。
夕暮れ時に利根川沿いの道へ戻るカーブを抜けた直後、右手に利根川土手、左手に水田、まっすぐ地平線へ伸びた道路と、視界上半分一面に広がる夕日は絶景でした。
車載カメラを持っていなかったのが悔やまれて仕方がないです。

あと数回ツーリングをやっても、こんなにいい景色は早々出会えないかも知れません。



5時間後。
XR乗りと別れた後、残りの3人は鈴菌の家へ戦利品を調理しに、そのままお泊りコースに乗ります。

戦利品
・15センチ程の真鯛……6匹/500円
・4センチ程のハマグリ……13個/800円
・青魚の干物7枚セット……1箱/1050円
・マグロ赤身3サク……1パック/1000円
・あおさとワカメ……1袋/900円
・マグロの酒盗……860円

本当はサンマツーリングの予定だったんだけど、台風の影響で漁ができず、手に入らなかったお……(´・ω・`)

しかし、干物なら手に入ったし、それ以外に新鮮な魚介を手に入れられたのでよしとしよう。
さて、それではこいつらを仕込む。

~~~こっからワシのスーパー女子力アピールタイム~~~


先ずは真鯛を3匹使って鯛めし。
銚子

土鍋を見つけたので、秋田出身の奴が持ち込んだあきたこまちをぶち込んで、ヌカを落とした後、水にさらしている間に、鯛を捌く。

取り敢えず念入りに鱗をとって、鯛はヒレの先端が尖っていて危ないので、包丁の根本で叩き落としつつ、三昧に下ろす。
キッチンペーパーの上に、皮を上にして並べて、オーブンやトースター、グリルを使って、焼き目を付ける。
頭と中骨も一緒に焦がす。一緒に入れて炊くと、出汁が出るので、捨ててはいけませんよ。勿体無い。

焼き終わったくらいに米がちょうどいい感じの浸かり具合になるので、醤油と料理酒を入れて味を整え、水量を調節します。水量は、米の1.2倍が目安です。
ワシ位になると、米の分量を図らずとも、適当に水を放り込んでも炊けるのじゃ。

濃い目の味が好きな方は、醤油を足すより、塩を投入したほうがいいと思います。


そして、焼いた鯛を均一に並べて、これをコンロで炊きます。

炊き方は、初めは中~強火で。
沸騰すると、蓋の穴から湯気が吹き出すので、取り敢えず匂いを嗅ぎましょう。すごくお腹が空きます。

湯気が吹き出したら、今度は弱火にして、煮ます。できるだけ弱いほうが良いです。
火力が強いと、焦げ付きやすくなりますし、じっくりやった方が硬さが均一になりやすいです。
沸騰した時点で、土鍋はかなりの熱を持っていますので、とろ火位弱い火でも十分炊けます。

暫くふつふつしていると、湯気が止まります。おこげが好きな方は、このまま暫く放置して、焦げ臭い匂いがしたら、そうでない方はここで火力を一気に中~強火にして、15秒程加熱します。

そうしたら、火を消して、20分~30分位蒸らします。我慢我慢。


で、そうしたら完成です。フタを開けると上の写真のような状態になってますので、頭と中骨を取って、出来れば身に残った骨を取って、面倒くさかったらそのまま、身をほぐして、ご飯と混ぜます。

銚子

下の方は焦げ付いてるはずなので、そこから一気にひっくり返すくらいの感じでやった方が良いです。
で、これを茶碗や丼によそって、三つ葉をかけて完成です。



そして、ご飯炊いている間は暇なので、ハマグリを調理。
ハマグリだ!!
┗(^o^;)┓バター焼きかな????www
┏(;^o^)┛お吸い物かな????www
こ…これ…これは…………

酒蒸しだあああああ┗(^o^)┛wwwww
┏(^o^)┓ドコドコドコドコwwwww


~サルでもできる酒蒸しの作り方~

まず、ハマグリまたはあさりを砂抜きします。
最近の漁港で売っているものは、殆ど砂抜きしてあると思いますが、念のため確認したほうがいいです。
以前白貝というものでやってみましたが、上品な味で美味しかったですよ=ω=

アルミの鍋かフライパンに油を敷きます。
甘いのが好きな方はバターを、純粋に貝の味を楽しみたい方はオリーブオイルのバージンオイルを。なければサラダ油で。

漁港のものなら殆ど心配ありませんが、臭みを取るためにチューブの生姜やにんにく、刻んだネギなんかを入れてもいいです。

オススメは味のアクセントに鷹の爪を少々に、細切りにした玉ねぎ。
玉ねぎが貝の出汁を吸ってくれますし、水分と甘みが、海水の塩辛さを調節してくれます。量も増えるし。


で、これらを絶対焦げ付かさないように、ゆっくり混ぜながら超弱火で温めます。
油があったまって、薬味の風味が移ったら、貝を投入。
鍋を揺すったり、木ベラで混ぜたりしながら手早く油を絡めて、即料理酒を投入。
ワインを使う場合は、白ワインで。なければ日本酒で。

で、風味付けに醤油を少々。入れすぎると、汁が茶色になって見栄えが悪いです。それはそれで好きですけど。

そうしたら蓋をして、同じく弱火のまま放置。
貝が全部開いたら完成ですので、見えるようにガラスの蓋がある鍋だと楽です。

銚子

完成したら皿に持って、刻んだ長ネギとか乗せて食べてください。


さて、この煮汁。非常に出汁が出ていて美味しい。勿体無い。
ご飯に掛けたり、パンを浸したりしてもいいですが、オススメの食べ方は、パスタを投入をしてなんちゃってボンゴレ・ビアンコ。

あさりで、玉ねぎを入れて作って、パスタを投入すると、片手間でも簡単に絶品パスタの完成ですよ!
あさりは大量に買っても、砂抜きしてしまえば冷凍保存して、使う分だけ鍋に放り込めばいいのでオススメです!


これをおかずに鯛めしとか贅沢やでホンマ。
あ、これの合間に買ってきたあおさで味噌汁も作ったしね。
銚子


さらに、鯛めしは土鍋で炊いている。
と言うことは、炊飯器自体は開いているんだな~これが。
コイツで白飯も炊く!コイツで鯛めしに対抗する丼ものを作ってやるぜ!


作り方。

マグロの赤身を用意します。
斜めにカットします。幅寿司やお刺身の倍くらいが目安。厚みは薄くね。

ボールやバット缶につけダレを用意します。シンプルに醤油とわさび。
コイツに刺身を切ってはポイ。切ってはポイ。
全部切ったら、全体にタレが行き渡るように一回し。
味が偏らないように、時々混ぜてやってください。

漬けすぎると色が黒ずんでしまうので、2時間位がいいと思います。

炊いた白飯を丼によそい、シソを1,2枚敷いて、漬けマグロを並べます。
スプーンでつけダレをその上からすこ~しかけて、上から刻んだ薬味ネギをパラパラ……
銚子

づけどんっ!!(ドヤッ!

~~~ここまで1時間半(この時点で深夜12時)~~~

我慢出来ずに、完成をまたず脱落した1名を偲びつつ、残った2人でうめぇうめぇ言いながらガツガツとこいつらを食す。日本酒と焼酎で。

食べている最中に気付いたけど、ツーから帰ってきた後、ここまで立ちっぱなしで飯作ってたwwww
いやだってさあ、折角の新鮮な食材だし、新鮮なうちに調理して、食べたあげたいじゃん。


なんだかんだで2人ともこの時点で20時間以上連続稼働してるので、腹が膨れて酒が入った段階で、気絶するように寝てしまった!

今回の教訓。
300キロ弾丸ツーリングは流石に辛くなってきた。出来ればやりたくない。
グダグダ食べながら酒のんで騒ぎたいので、次からはキャンプとかで、もっとゆっくりメシ作りたいと思いました。マル。

次はちょろいさんのプチっ娘来たら、ピクニックツーリング行きたいなぁ……
紅葉のあるうちに……

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。