サークル装甲版

装甲版のブログ。同人活動やってます。面白そうだったら、何でも作るよ!!活動内容、連絡先等は左側の柱にまとめています。特技はペーパークラフト設計(NoCAD)。最近はバイク弄りはじめた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『相棒 劇場版』を観ました。

多分2週間前くらいにTVで放送してたと思うのですが、やっと録画したものを視聴しました。
それを観ながら、ふと、思いついた事があるので、なんとなく書いてみます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

『相棒』における、「相棒」の役割について


初代相棒「亀山薫」の場合。

主役である「杉下右京」が「頭脳派」、その部下である「亀山薫」が「肉体派」と語られる場合が多い。
昔から、日本の刑事ドラマでは、若手役者が新人警官の役で出て来て、犯人を追い詰める時などに走ったり、格闘したりと言った体力仕事をやるのが標準としてあった。
しかし、よく考えてみると、亀山薫は「新人警官」でもないし、「若手警官」でもない。
杉下右京よりは確かに若いが、それでもシリーズ開始当初(2時間ドラマの頃)で三十路手前くらいだった気がする。
それでも、キャラクターの性格が体育会系というか、少なくとも頭脳派ではなかったので、完璧に頭脳派である杉下右京と対比すると、肉体派としてとらえられたのだろう。

では、ここで言うように、亀山薫に「肉体派」以外の役割があるとしたら、何であろうか?
というと、その答えは「視聴者」であると言える。

杉下右京が余りにも有能な為、その思考に視聴者は付いてこれない。
我々凡人の思考力の上、さらに犯人の上を行く考えをしているのだから当然だ。
必然、物語としては、視聴者に対して説明する必要が出てくる。
普通の推理モノであれば、犯人を追い詰めるときに、そのトリックなどを説明するが、それだと杉下右京の天才ぶりが上手く表現できない。また、一気に説明されても、視聴者の理解が追いつかない。
そのため、話の端々で視聴者に「杉下右京の考え」を、「製作者からの説明」として話すのだ。

つまり、天才、杉下右京に対して、亀山薫は「凡人」であり、「視聴者の目線」であると考えられる。


2代目相棒「神戸尊」について

では、杉下右京に次ぐ「頭脳派」である神戸尊の場合はどうだろうか?
少なくとも彼も、もはや「凡人」とは言いがたく、視聴者と目線を共有しているとは言いがたい。

それでは、「視聴者と目線の共有」をする「相棒」とは、誰なのだろうか?と考える。
すると、それは「杉下右京以外の全員」といえる。

「亀山薫」以外にも、『相棒』では、様々な個性あるキャラクターが生まれた。
生活安全課長、鑑識の米沢、捜査一課の3人組などがそうである。
特に、「鑑識の米沢」氏については、後付で名前が決まった様に記憶している。

ともかく、「相棒=亀山薫」の時代に、こういった脇役陣のキャラクターが決定していき、それぞれがその方面のスペシャリストであったり、凡人だったりすることで、物語中で円滑に説明をすることができるようになった。

生安課長は、隣人のよしみというか、コーヒーを頂戴するついでに、事件の話を聞いて、感想を喋ったり、自分の専門分野やプライベートな事例などで右京にひらめきを与えてくれる。

捜査一課の3人組は、特命係が彼らと対立しているおかげで、なにかと一課側から絡んでくるため、説明をはさみやすい。

鑑識の米沢はその分野のスペシャリストである為、鑑識という分野では、杉下右京と肩を並べる程の能力がある。
その為、杉下右京に同調するような意見を述べることで、杉下右京が言ったことを「噛み砕いて、もう一度説明」する。

これらによって、「相棒」一人に「視聴者」を代表させる必要が無くなったため、「神戸尊」という人物は、『相棒』という作品が持つ、スマートな刑事ドラマという特徴を前面に押し出す為、より杉下右京に近い「頭脳派」となったと考えられる。


3代目相棒について

では、3代目では、どうなるのだろうか?
今までの二人の相棒に比べ、20台半ばと若く、それこそ他の刑事ドラマの「若手警官枠」ぴったりの人選だが、以上のことを踏まえると、今更の様に同調するとは考えづらく、また違った役割を担わされるのだろうと考える。

とすると、杉下右京のキャラクターに対立する性格がつけられるはずである。
と言うことは、「杉下右京」というキャラクターを分析してみれば、自ずとその答えが出てくるはずだ。。
「杉下右京」という男は、「頭脳派」で、それ故に「極端に社交性の低い」人物である。

ということは、新しい相棒は「そこまで頭脳派ではなく」、「平均かそれ以上の社交性を備える」人物だと考えられる。

もしかしたら、「極端に社交性に優れた凡人」というキャラクターが当てられるのでは無いだろうか?
そうすれば、例えば、「杉下右京が一度聞き込みをして、答えてくれなかった参考人について、相棒はその社交性を持って簡単に聞き出すことに成功する」という、なんともオイシイ展開ができるではないか。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

実際のところ、放送が始まってみるまで、これは全く持って分からないのですが、こういったキャラクターになるのではないかなぁ?と、勝手に期待しています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『相棒 劇場版』を観ました。】

多分2週間前くらいにTVで放送してたと思うのですが、やっと録画したものを視聴しました。それを観ながら、ふと、思いついた事があるので、なんとなく書いてみます。_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/『相棒...

まとめwoネタ速neo 2012-05-18 (Fri) 20:51


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。