サークル装甲版

装甲版のブログ。同人活動やってます。面白そうだったら、何でも作るよ!!活動内容、連絡先等は左側の柱にまとめています。特技はペーパークラフト設計(NoCAD)。最近はバイク弄りはじめた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いつの間にか梅雨に入っていたらしいです。

まったく気がつきませんでした。

梅雨は引きこもっていれば寧ろ快適なくらいなので、嫌いではないです。
気温が低くて湿度があるので、寝苦しくはないのがいいですね。

もう少し暑くなれば、
ビールとグラスを冷凍庫にしまう→風呂入る
→風呂上りで汗ダラダラ グラスと缶がキンキンッ
缶のプルを開ける音プシュッ グラスにトットットッ…

ゴクッ グビグビ、グビッ!!

の黄金コンボが堪らなく気持ちが良いんですが…

風呂上りじゃなくても晩酌を別に飲むからいいんですがねw
先週あたりから製氷皿を稼動したので、焼酎をロックで飲めるようになりました。

寝る前に飲む鍛高譚が今一番の楽しみです。

つまみを用意するのと片付けるのが面倒くさいので、
もっぱら肴は親に薦められた横山秀夫の警察小説です。

小説を読みながらだと、布団に入って寝床を暖めながら飲めるところが良いですね。

『影の季節』、『動機』ときて、今は『第三の時効』を読んでいます。
短編でテンポがいい上に、解説でも書かれているように人物描写が秀逸で引き込まれます。
しかも構成がいい。

ああいう構成力はすごいですよね。内田康夫とかは連載執筆しながら考えられるとか。
↓↓↓↓↓↓
(散々考えた挙句、執筆直前に致命的エラーで没になったネタが自分には何割に上るか…)
(つい先日も、2週間かけて考えたネタが締め切り予定日1週間前に…はぁ…)

↑↑↑↑↑↑

ところで、3冊目まで読んでいて気が付いたのですが、表紙が3冊とも黒基調なんですよ。
警察小説ということなんで。というか、恐らくサスペンス小説系統は黒基調が多いですよね。
これはイメージカラーなんでしょうね。
子供向けのメカニックに青や赤使い、興味を惹かせることと同じ様に、
黒を使う事によって、作品のシリアスさを連想させているんだと思います。

やはり同人とはいえ、印刷物を作る上ではこういうカラーマネージメントの知識を勉強すると、
作品のデザインに反映されるのでしょうね。
コダワリのある本を作れるようになってみたいものです。
今のところ、自己満足のネタ止まりなので…

黒って言えば、To LOVEるのヤミちゃん、久しぶりに見たらおっぱいおっきくなった気がするんですが…気のせいでしょうか…?
心なしか、おすぃりの肉もいい感じになってきた様な…
うん。とりあえず、リトもげろ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。